2013年2月|マッサージチェアのレンタルならマッサージ.コム

サイトマップ

マッサージ.コムのヘッダー画像

« 2012年12月

|メイン|

2013年3月»

ふくらはぎのかゆみは減ってきた。


ここ数年前の冬のシーズン、悩まされたことがある。

それは、ふくらはぎのかゆみである。

既に掲載している記事の関連になるが、それほど、ふくらはぎのかゆみはひどかったのである。(現在は、別の箇所にかゆみが発生している。)

原因は、乾燥肌である。

今のところ、対策としては既に掲載している記事の通りであるが、風呂上りに保湿クリームを薄く塗るのがやっとである。

あと、意外に無視してはいけないのが、下着の締め付けによる肌のかゆみである。

なかにはわざわざ緩くして穿いている方はいるが、あながち間違ってはいないのである。(但し、緩すぎはダメ。)

特に注意したいのは、ブリーフ,ショーツなどの下着である。

なかにはぴっちりしたものを穿きたがる方はいるが、締め付けすぎると、先ほど挙げたように、締め付けによるかゆみの原因となる。

防止策として、男女ともウエスト(胴囲),ヒップ(腰囲)をきちんと測って、できるだけ自分のサイズに近いものを穿くことを勧めます。

2013年2月22日

全身のスキンケアもお忘れなく。


管理者自身は、冬になると厄介なことがある。

それは、乾燥肌。(マッサージだけでは不充分のときがある。)

昨冬シーズンまでの風呂での順番として、掛け湯→湯船→(洗髪)→体を洗うの順番で行っていました。

ところが、本年早々に放送したNHKの番組で、バスタイムでの順番の話を拝見した。

すると、先ほど挙げた方法で肌水分量の測定をしたところ、入浴前と後では水分量がかなり減ることを知ったのです。

どうも、乾燥肌の原因はバスタイムでの順番が要因。

早速、バスタイムでの順番を入れ替えたところ、乾燥肌の状態はかなり改善しています。

しかし、それでも乾燥肌が完全に収まらない時があります。

そこで、ボディケア用の保湿クリームの登場です。

所有している保湿クリームの種類は、先ほど挙げたボディ用のほかに、ハンド用も所有しています。

ちなみに、保湿クリームを塗る箇所は主に胴回りが多いですが、かつてはふくらはぎを塗るケースが多かったです。

使用頻度は昨シーズンまではほぼ毎日でしたが、今シーズンは週に2,3回ぐらいに減っています。

保湿クリームを塗る際は、風呂上りに行うと効果的です。

2013年2月20日

首筋以外のマッサージをやっています。


先ほど、不要な画像などの整理をようやく終えたところです。

やれやれといったところです。

デスクワークの仕事と夕食を終えた後、浴室で湯船に入っている時に体のアフターケアを行っているのです。

但し、首筋以外の全身の箇所に行います。

すると、湯船の温度があまり高くなくても、快適に湯船に浸かることができるのです。

しかも、お手入れ時間は全部で10分なので、時間を有効に活用することができます。

風呂上りにはできるだけ体を拭く時間を短時間で済ませ、パジャマ(又は寝巻き)に着替えることが大事です。

そうしないと、湯冷めして風邪を引く原因となります。

できれば、脱衣所に温風ヒーターを利用すると良いでしょう。

2013年2月16日

スポンサーリンク